トップページ >  学校林活動 表彰される

最終更新日:2020年09月18日

学校林活動 表彰される

6月10日(日),福島県南相馬市で開催された「第69回全国植樹祭ふくしま2018」に参加しました。

本校の学校林活動の取組が認められ,平成29年度全日本学校関係緑化コンクール・学校林等活動の部(小学校の部)において,準特選(国土緑化推進機構会長賞)を受賞したため招待されたのです。

P1410004

 

会場となったのは,福島県南相馬市の海岸防災林整備地。東日本大震災で津波による大きな被害を受けた場所です。防潮堤の内側に広大な防災林を作るために参加者が植樹作業をしました。植樹したクロマツやコナラ等の苗木は,スクールステイやホームステイで福島県民が育てたものだそうです。

P1400989

 

P1400988

 

記念式典の中では,天皇皇后両陛下がお手植えやお手播きをされました。日本の国土の中で大きな割合を持つ森林(もり)の大切さを考える一日となりました。

P1410017

 

P1410032

福島県ならではのアトラクションも多数行われました。

 

島田小学校のまわりにも森林(もり)があります。しかし,機会がなければそこで遊ぶことも少なくなってしまうのではないでしょうか。幸いにも本校では,財産区のご理解をいただき,学校林活動を行うことができています。また,北都留森林組合の全面的なご協力により,子どもたちが森林(もり)に親しむことができています。改めて,これは当たり前のことではなく,本校ならではの,とびきり特別なことなのだということを認識しました。